九州を!ヒッチハイクで五日間!~小さな僕がそこで見つけた、日本人の大きな心~ vol.1

今日は気分をかえて、ぼくが大学一年の冬休みに満を持して挑戦してみた

ヒッチハイク

について話したいと思います。

 

唐突で申し訳ありませんが、最初に結論をズバッとここで!

 

ヒッチハイクほど、これまでの人生において、これほど自分が大きくなっていく感覚は無かった。

それと同時に、

世の中を、それを通じて見ていく中で、これほど自分が小さくなっていく感覚もまた、それ以前の人生にはない。」

 

まあこういったところでしょうか(笑)

 

大学の他の関係もあって残念ながら五日間しか日数を確保できませんでしたが、結論としてそのたった五日間、そのたった五日間が、世界の極東に位置する「まことに小さな国」、

 

「日本」

 

の底力と、これからの可能性を、

「まことに小さな」このぼくに見せてくれたことは、ぼく自身、生涯忘れることはないだろうと感謝の念に堪えません。

 

そんな経験をここに書かせていただきたいと思います!

あれからもう二年ですか・・・はやいなぁ・・・

「ヒッチハイク」の画像検索結果

 

初めての免許、初めてのサークル、初めてのバイト、初めてのオールといった、いわゆる「大学生」を満喫していたぼくでしたが、大学一年の夏休みが終わったころに ふと、

「青春が逃げていく!」「大学のうちにもっと、今しかできない経験をしておかなければ!」

といったような一種の焦燥感に追われていました。そんなときのある日、テレビをつけると、「YOUは何しに日本へ」の番組でヒッチハイクをしていたのを見て、すぐ

これだ!!

と思いました(笑)

 

場所はまだ行ったことのなかった九州に即決。そして幸運にも、冬休みに行く予定だったので飛行機が安い!大学生にはありがたい値段でした。親父のバックパックに最低限の必要なものを詰め込んで成田へ!

時間を有効に活用するために早朝の便の予約だったので、その夜は成田で雑魚寝。こんなことができるのも若いうちだけだと思うと不思議にうれしかったです。しかしそのため飛行機の中では爆睡で、起こされた時にはすでに福岡の上にいました(笑)

 

福岡空港に着くや否や、ここからはもう知らない土地だと思うと、突然ものすごい虚無感が襲ってきました。そんな不安の中、用意してきた大きなノートブックに僕が書いた最初の大きな文字、

 

天満宮

 

しかし大きな字で堂々と書いたものの、当の本人が人見知り。とてもそれを自分の胸の前に掲げられるのか自信は全く皆無でした。しかしそれでもヒッチハイクができそうなポイントを探して歩き出しました。

良さそうなポイントを見つけ、ようやくトライ!!

・・・と思いましたが、やはり恥ずかしさのほうが先に出ましたね(笑)そのノートブックが突然重くなったかように揚がりません。

 

五分…十分……

揚らないまま何分経過したでしょうかね。そんな時、ずっとこの言葉が頭に浮かんでました。

「旅の恥は、かき捨て。」

 

ここにはぼくを知ってる友達はいないし、ぼくの人見知りな性格を知ってる友達もいない。

そう自分に言い聞かせ、これまでの全てを投げ捨てる思いで、やっとのこと掲げることに成功しました。諺の力ってすごいですよね(笑)

 

これがあと何分続くのか、それを考え始めようとしてノートを掲げてから、なんとわずか20秒!!! 一台の車の運転席から手招きが!!

その瞬間、どこからともなく僕の全身をかけめぐる、とてつもない興奮と感動が、突然のように起こったのは今でも覚えてます。

 

乗せてくれたのは、20代前半の若い男性でした。彼は大宰府に住んでおり、彼のお父さんを空港までお見送りした帰りだったそうです!

しかしまさか20秒足らずで初めてのヒッチハイクに成功するとは思わず、また、乗せて頂いた方としては車内で何を話したらよいのかなど全くわからなかったのですが、とりあえず乗せてくれたお礼を言い、名を名乗り、出身地を伝え、ヒッチハイクの理由を答えるといった、普通の会話が知らない者同士、一つの車内で普通にできたことは、ヒッチハイクデビューのぼくにとっては何ともありがたいことでした。

途中で彼がコンビニによって戻ってきた際にカルピスジュースを手渡してくれたこと、おいしい博多ラーメンを食べるつもりだと言ったら別れ際に二千円の餞別をくださったこと、ぼくはただ感謝の言葉を繰り返し伝えることしかできませんでした。

 

太宰府天満宮の入り口まで送っていただき、去っていくその車を見ながら、

「これが本当の一期一会なのか」

とそう思ったら、その後ろ姿が寂しく感じられました。

 

これがまた、旅の醍醐味なのかもしれないですね。

 

とにかく、ここからぼくの九州五日間の旅は幸先よく無事に始まったのです!

この続きはまた機会に。